独自大会開幕 高校球児コロナ禍でもプロから引っ張りダコ

公開日: 更新日:

 球児の夏が始まった。

 1日、各都道府県高野連による高校野球の独自大会が、岩手を皮切りに本格的に開幕した。北奥地区予選では水沢商が強豪・専大北上を8―7で下した。

 コロナ禍で夏の甲子園と地方大会が中止となり、8月に行われる甲子園交流試合に出場する32校以外の高校3年生にとっては、最後の舞台となる。6月に高校生の視察が解禁されたプロのスカウトも、逸材のチェックやまだ見ぬ才能を発掘すべく、独自大会の視察に奔走するという。

 パ球団のスカウトは、「土日に試合を開催する都道府県が多く、すべてをカバーできなかったり、球場視察が認められない地方があるかもしれませんが、近年は各球団ともに育成を重視する傾向があり、高校生の視察が大事であることに変わりありません」と、こう続ける。

「今年は社会人に逸材が少ない上に、大学生もコロナ禍で実戦の機会が大幅に減った。特にコロナ感染者が多い関東圏では、明大のように今も自主練習を継続している学校もある。六大学、首都リーグの公式戦開催は早くても8月。東都は9月上旬です。その点で高校生は、コロナ禍で春夏の甲子園、地方大会が中止され、視察機会が失われる懸念すらあったが、甲子園交流試合と合同練習会の開催が決定した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  7. 7

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  8. 8

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  9. 9

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  10. 10

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

もっと見る