巨人“正捕手問題”解決せず…「打てる捕手」の日は1勝3敗

公開日: 更新日:

 巨人炭谷銀仁朗捕手(32)が先発の桜井を援護した。

 2日のDeNA戦で、四回1死一、三塁から右中間を破る先制の2点適時二塁打。「先制点が欲しかった。自分でも楽になった」と振り返れば、八回にもこの日3安打目となる中前へのタイムリーでDeNAを突き放した。4打数3安打3打点の活躍でチームの勝利に貢献。守っては先発桜井を8回1失点に導いた。原監督は「いや、もう見事。ベンチとしても非常にいい流れが出た」と笑顔。「インサイド、カーブを有効に使っていた」と打撃もリードも褒めちぎった。

 巨人は2日現在、8勝3敗1分け。捕手は昨季に続いて今季も3人制だ。

 勝率を見ると、炭谷が先発した試合は5勝0敗1分けと圧倒的。左尺骨骨折で離脱中の小林誠司(31)は2勝0敗、大城卓三(27)は1勝3敗となっている。原監督にとって悩ましいのは、負けた3試合のスタメンが全て大城という点である。チーム関係者がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    140億円の超ジャンボ宝くじ当てた 40代夫婦のその後の生活

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  4. 4

    史上最大の復活V 照ノ富士“地獄”を見て相撲も性格もガラリ

  5. 5

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  6. 6

    5歳未満のコロナウイルス保有量「大人の10~100倍」のナゾ

  7. 7

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  8. 8

    岩手県初のコロナ感染者に誹謗中傷が…ウソ申告増加の懸念

  9. 9

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  10. 10

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

もっと見る