大谷2度目実戦も5四死球の乱調…二刀流成否は登板後の打撃

公開日: 更新日:

 エンゼルス・大谷翔平(26)が13日(日本時間14日)本拠地エンゼルスタジアムでの紅白戦に登板。全体練習再開後、2度目の実戦マウンドは3回3分の1、2安打1失点。前回(7日)は7四球と制球に苦しんだが今回も5四死球と乱れた。

 試合後の大谷は「球数も投げた。前回よりは良かった」と、満足そうに振り返った。予定していた60球に達した(64球)にため、イニング途中での降板を余儀なくされたことには「決めにいったときの変化球が抜けていた。そこが決まってくれればもっと三振も取れるし、全体的なまともまりもいいと思う」と反省を口にした。

 2018年9月2日のアストロズ戦以来674日ぶりとなった前回登板後には腰の張りを訴えて、翌日以降は別メニュー調整を強いられた。投球、打撃ともに根幹を担う箇所だけに、プレーへの影響を懸念されたが、打者として出場した12日の紅白戦ではエース左腕から初本塁打を含むマルチを記録。自らのバットで不安を払拭してみせた。24日の開幕に向けてバットでは仕上がりの良さをアピールしているとはいえ、どちらかといえば登板前に結果を残す傾向がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    坂上忍では微妙…関西人が納得する上沼恵美子“後釜”の名前

  4. 4

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  5. 5

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  6. 6

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  7. 7

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  8. 8

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  9. 9

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  10. 10

    【Q】悪性腫瘍で心が乱れる毎日、穏やかに過ごすには?

もっと見る