友成那智
著者のコラム一覧
友成那智スポーツライター

 1956年青森県生まれ。上智大卒。集英社入社後、今はなきPLAYBOY日本版のスポーツ担当として、日本で活躍する元大リーガーらと交流、米国での現地取材も頻繁に行いアメリカ野球やスポーツビジネスへの造詣を深める。集英社退社後は、各媒体に大リーグ関連の記事を寄稿。04年から毎年執筆している「完全メジャーリーグ選手名鑑」は日本人大リーガーにも愛読者が多い。

分配金バブルが引き起こす球団経営者の「モラルハザード」

公開日: 更新日:

 メジャーリーグは60試合に短縮して23日に開幕するが、米国ではコロナ感染者数が増え続けているため、全試合無観客で行われる可能性が高くなっている。

 30球団の中には無観客になったことで大きなダメージを受けるところと、かすり傷程度で済むところがある。ダメージが大きいのは入場料収入の比率がメジャーで最も高いアストロズとカブスである。この2球団は連日満員で入場料収入が総売り上げの43%を占めるため、どちらも無観客になることで2億ドル(約214億円)くらいの損失が出る。

■総収入の10%前後

 一方、軽傷で済むのは入場料収入の比率が低いマーリンズ、オリオールズ、タイガースである。この3球団に共通するのは表に「再建中」の看板を出したまま、選手の補強にカネを使わずに100敗するのを放置していること。ファンに見放されスタンドは閑古鳥が鳴いているため、入場料収入は総収入の10%前後しかない。そのため全試合無観客になっても失うものは少ないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  5. 5

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  6. 6

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  7. 7

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  8. 8

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  9. 9

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  10. 10

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

もっと見る