マー君の今後が心配…本塁打王の打球が頭部直撃の後遺症は

公開日: 更新日:

 キャンプ再開初日のアクシデントだった。

 ヤンキースの田中将大(31)が4日、本拠地ヤンキースタジアムでの実戦形式の練習中、痛烈なライナーを頭に受け、マウンドに倒れ込んだ。

 何しろ、打った相手はヤンキースの中軸を担うスタントン(30)。2014年と17年の本塁打王で、16年には時速約199キロの打球を放ったこともあるメジャー屈指のパワーヒッターだから、その衝撃は察するに余りある。

 田中は両脇を抱えられながらベンチ裏へ。病院でCTなど複数の検査を受けた結果、異常は見つからなかったが、脳振とうのような症状があったため調整遅れは必至。今月下旬の開幕に間に合わない可能性も出てきた。

 本人は「痛みはありますが、それ以外は元気です」とツイート。「出来るだけ早くまた、マウンドに上がれるように頑張っていきたいと思います」と続けたが、投手が打球を頭に食らった精神的ショックは計り知れない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    坂上忍では微妙…関西人が納得する上沼恵美子“後釜”の名前

  4. 4

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  5. 5

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  6. 6

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  7. 7

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  8. 8

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  9. 9

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  10. 10

    東京都コロナ療養者が急増 最も深刻「ステージ4」に突入

もっと見る