早実4番・清宮弟“第1号”場外弾 飛ばし屋評とスカウトの目

公開日: 更新日:

 日本ハム清宮幸太郎の弟、早実・福太郎(2年)が27日、西東京代替大会で公式戦初本塁打を放った。

 八王子学園八王子戦に「4番・左翼」で出場。2点を追う四回、内角高めの変化球を振り抜くと、打球は左翼の防球ネットを越えて場外へ消えた。高校通算9号は推定飛距離120メートルの特大弾。4打数1安打1打点で8―6の逆転勝利に貢献し、「狙っていたインコースに来たので打った。(4番は)そういう役職に就かないといけない覚悟が必要だと思う」とキッパリと言った。

 身長180センチ、体重92キロ。左打者の幸太郎とは違い、右打ちのスラッガーだ。東京・北砂リトル時代は70本塁打。早実でも2年生ながら4番を任されている。柔軟性が高く、高校通算111発の兄に負けず劣らずの「飛ばし屋」ともっぱらだ。

 早実は早大の系属校でほとんどの生徒がそのまま進学する。それでも2017年の幸太郎や翌年の野村大樹(現ソフトバンク)が直接プロ入りの道を選んでいる。早実の和泉監督も、幸太郎を送り出す際、「彼の決断を尊重し、応援し、後押ししたい」と語っていた。本人の意思と実力があれば、即プロ入りは可能である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

  4. 4

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  5. 5

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  6. 6

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  7. 7

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  8. 8

    海老蔵「ひどくないですか」コロナ補償直訴で松竹と確執か

  9. 9

    吉村知事の危うい“人体実験” うがい薬騒動に専門家も警鐘

  10. 10

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

もっと見る