日ハム中田は“膝爆弾”心配も…清宮伸び悩みで4番まだ安泰

公開日: 更新日:

 5日、日本ハム中田翔(31)がベンチをヒヤリとさせた。

 初回に適時打を打つなど、この日のソフトバンク戦は3打数2安打1打点の活躍だったが、栗山監督の表情がにわかに曇ったのは、五回無死一、二塁の場面だ。6番・大田の浅いフライを中堅の柳田が捕球すると、大きく飛び出していた二塁走者の中田は慌てて帰塁。つんのめって転倒し、這うようにして二塁に戻った。その際、グラウンドに左ヒザを強く打ちつけて悶絶、しばらく起き上がれなかったのだ。

 そのまま出場したものの、四球で出塁した七回に俊足の松本が代走に送られた。中田は2010年に左ヒザの半月板を損傷して手術。古傷はいまも“爆弾”となって中田を苦しめている。代走を送られたのは追加点の好機ということに加え、大事を取るという意味合いもあったのだろう。ヤンチャで鳴らした「ハムの主砲」も、もう31歳と決して若くはない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    坂上忍では微妙…関西人が納得する上沼恵美子“後釜”の名前

  4. 4

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  5. 5

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  6. 6

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  7. 7

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  8. 8

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  9. 9

    東京都コロナ療養者が急増 最も深刻「ステージ4」に突入

  10. 10

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

もっと見る