虎糸井もはや不良債権 去就はドラフトでの近大・佐藤次第

公開日: 更新日:

 阪神ファンもため息が絶えなかっただろう。

 4連勝で敵地・東京ドームに乗り込んだ阪神は3―6で敗戦。自力優勝が消滅し、巨人のマジック38点灯をアシストする始末だった。

 戦犯のひとりは、この日、「7番・右翼」でスタメン出場した糸井嘉男だ。2打数無安打、お馴染みになったまずい守備もあって3打席で途中交代した。今季は打率・238、1本塁打、14打点。衰えは顕著である。

 阪神は2016年オフに、4年総額18億円といわれる大型契約で糸井を獲得。走攻守で大暴れしてもらいたいとのもくろみは完全に外れたと言っても過言ではない。阪神OBが言う。

「入団1年目の17年に古傷を抱える右膝を故障、18年6月には死球を受けて右足腓骨を骨折した。昨年10月には左足首を手術、今も右膝の状態が思わしくないようです。常にケガとの闘いが続き、フルで働いたシーズンは一度もない。バカスカ打ってくれればまだしも、守備、走塁で足を引っ張るプレーも目立つ。在籍2年目あたりから、球団と親会社の上層部の間には、大型契約をした選手としては割に合わない、との声が出ていました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  2. 2

    マツコ「ホンマでっか」降板 カネより義理、裏方との関係

  3. 3

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  4. 4

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  5. 5

    瀬戸大也は「鋼のメンタル」ラブホ不倫で謝罪も“金”揺がず

  6. 6

    平沢復興相 前首相の私怨で冷遇…入閣に“故郷”は冷めた声

  7. 7

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  8. 8

    自民党総裁選 カッコ悪い大人たちにど汚いもの見せられた

  9. 9

    巨人菅野「最多勝」で有終の美も…唯一の心残りは“古女房”

  10. 10

    競泳・瀬戸大也に不倫認めスポンサー激震…夫婦でCM出演

もっと見る