箱根駅伝は無観客開催…背後に透ける「傲慢とカネと宣伝」

公開日: 更新日:

「中止」という選択肢はなかったようだ。

 正月(往路2日、復路3日)恒例の東京箱根間往復大学駅伝を主催する関東学生陸上競技連盟は20日、新型コロナ感染防止対策として、今年度の大会を「無観客」で開催することを発表した。

 コロナ禍により、すでに10月の「出雲全日本大学駅伝」や、12月の全国中学駅伝、来年1月の男女の全国都道府県駅伝が中止になった。大学駅伝では、全日本(11月1日)は開催へ向けて準備を進めているものの、ファンの注目度は箱根の比ではない。

 箱根は2日間で延べ100万人以上のファンが沿道を埋め、中継する日本テレビ系の視聴率は30%前後の「ドル箱番組」だ。沿道応援ができない来年の数字は「50%に迫るのではないか」という声もある。

 あるマスコミ関係者が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊藤健太郎“有頂天”からの転落 よぎる3年前のひき逃げ事件

  2. 2

    伊藤健太郎のひき逃げ逮捕で注目された「野村周平」のナゼ

  3. 3

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

  4. 4

    私がラミレス監督を「これぞ、監督!」と評価し続けたワケ

  5. 5

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  6. 6

    預金封鎖、資産税、暗号資産、ハイパーインフレを警戒せよ

  7. 7

    8カ月で復帰したビートたけしと徳井義実の“決定的な違い”

  8. 8

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  9. 9

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  10. 10

    小川彩佳「NEWS23」産休から復帰も…早くもリストラ降板説

もっと見る