筒香のレイズが10年ぶり地区V PSは“粘りの1番打者”に期待

公開日: 更新日:

 レイズ・筒香嘉智(28)が、渡米1年目で地区優勝の美酒を味わった。今季は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、恒例のシャンパンファイトは禁じられているものの、23日(日本時間24日)のメッツ戦で、2010年以来の地区優勝を決めると、紙吹雪が舞う中、ナインとともにハイタッチを交わして祝福した。

 今季の筒香は三塁、左翼の複数ポジションをこなし、48試合に出場して149打数29安打の打率・195、8本塁打、23打点。古巣DeNA時代の16年に2冠(本塁打、打点)を獲得した長距離砲の割には物足りない数字だが、地味ながら貴重な働きで打線を牽引した。

 筒香は17日(同18日)のオリオールズ戦で初めて1番で起用されると、その後の5試合でリードオフマンを務めた。レイズは球団の方針から、1番打者には相手投手に少しでも多くの球数を投げさせる役割を徹底させている。08年に1番を打ち、球団史上初のワールドシリーズ進出に貢献した岩村明憲(現独立リーグ福島監督)も、当時のジョー・マドン監督(現エンゼルス)から「もっと投げさせて、うちの打者に相手投手の球筋を見せてやってくれ」と口を酸っぱくして言われたそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    リンパマッサージを口実に女性の体をもてあそんだ悪徳カウンセラーの“卑劣な手口”

    リンパマッサージを口実に女性の体をもてあそんだ悪徳カウンセラーの“卑劣な手口”

  2. 2
    魅惑のEカップ・田中みな実がまんまる“美バスト”をまたまた披露!

    魅惑のEカップ・田中みな実がまんまる“美バスト”をまたまた披露!

  3. 3
    <76>早貴被告が「2億円をもらえれば東京に帰ります」「喪主?何ですか?」

    <76>早貴被告が「2億円をもらえれば東京に帰ります」「喪主?何ですか?」

  4. 4
    体操女子エース候補・畠田瞳が大ケガ離脱…村上茉愛やめるにやめられない?

    体操女子エース候補・畠田瞳が大ケガ離脱…村上茉愛やめるにやめられない?

  5. 5
    異色バラエティー「博士ちゃん」人気を後押しした“愛菜ちゃん×福くん”3年ぶり共演

    異色バラエティー「博士ちゃん」人気を後押しした“愛菜ちゃん×福くん”3年ぶり共演

もっと見る

  1. 6
    V逸巨人の投壊現象は首脳陣と投手陣のコミュニケーション不足が招いた

    V逸巨人の投壊現象は首脳陣と投手陣のコミュニケーション不足が招いた

  2. 7
    子象を救うため親象が巨大ワニを踏み潰す! ザンビアでデンマーク人が衝撃の目撃

    子象を救うため親象が巨大ワニを踏み潰す! ザンビアでデンマーク人が衝撃の目撃

  3. 8
    英国で秋田犬をめぐる悲劇…飼い主死亡、1人が両足切断した原因はバクテリア感染だった

    英国で秋田犬をめぐる悲劇…飼い主死亡、1人が両足切断した原因はバクテリア感染だった

  4. 9
    広末涼子が41歳でセクシー路線に! ファッション誌動画での大胆な脱ぎっぷりとCMで魅せた圧倒美肌

    広末涼子が41歳でセクシー路線に! ファッション誌動画での大胆な脱ぎっぷりとCMで魅せた圧倒美肌

  5. 10
    関西臭プンプン漂う朝のローカル番組をチェックした!

    関西臭プンプン漂う朝のローカル番組をチェックした!