巨人V2でも嵐のオフ リストラ人員増、FA獲得に40億円捻出

公開日: 更新日:

 2位阪神に11・5ゲーム差をつけて優勝マジックを28としている巨人。リーグ連覇は確実だが、オフもバラ色かといえば、そうではないようだ。

■「13、14人…迷ったら切る」

 巨人の大塚淳弘球団副代表はこれまで「(支配下登録の)スタートを63、64人にしたい。(ドラフトで)最低5人はいきたいから、64人にするには10人を外すか育成に持っていく」としていた。それが先日、「今までは(選手を)残していたが、迷ったら切る。(ドラフトの)本指名は6人の予定で、13、14人を切るか育成に戻さないといけない」と前言撤回、リストラの人数を増やしたことを明かしたのだ。

 コロナ禍の影響で120試合に減少した今季は、開幕から無観客、上限5000人での開催が続いた。入場料収入などが大幅に減少し、球団経営はどこも苦しい。巨人の場合、動画配信サービスのDAZNから他球団より高い年間20億円とされる放映権料が見込めるなど、まだ恵まれている方だ。それでも「今年は大盤振る舞いとはいかないでしょう」と、さる球界関係者がこう指摘する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新しい地図&石橋貴明「低視聴率組」にテレビマン戦々恐々

  2. 2

    元SMAP「新しい地図」が今もテレビに登場しない本当の理由

  3. 3

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

  4. 4

    コロナ支援金が次々と期限…迫る倒産・閉店・失業ラッシュ

  5. 5

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

  6. 6

    中日エース大野雄大に残留情報 巨人垂涎もコロナで資金難

  7. 7

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  8. 8

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  9. 9

    西武指名は“110kg大砲”渡部健人「デブ専」貫く球団の勝算

  10. 10

    岡村隆史“奇跡のV字回復”なのに 新妻をひた隠しにするワケ

もっと見る