ダル2失点で今季終戦も…サイ・ヤング賞獲りならMLBニンマリ

公開日: 更新日:

 カブス・ダルビッシュ有(34)が2日(日本時間3日)、マーリンズとのワイルドカードシリーズに登板し、6回3分の2を5安打2失点。エース右腕の好投も、打線が振るわずに0―2で敗れ、チームは地区シリーズ進出を逃した。

 今季のダルは12試合に登板して8勝3敗、防御率2.01、93奪三振をマーク。日本人初の最多勝を獲得し、最優秀防御率(1.73)のレッズ・バウアーとともにサイ・ヤング賞の有力候補に挙げられている。11月中旬に予定されている同賞の発表で、ダルの名前がコールされれば、結果として来季のMLBを潤すことになりそうだ。

 大都市のシカゴを本拠地とするカブスには熱狂的なファンが多く、伝統的に活躍した選手のユニホームやグッズがバカ売れする傾向がある。アリエッタ(現フィリーズ)がサイ・ヤング賞を受賞した2015年は、前年の約318億円から約359億円に収入がアップ。16年は108年ぶりの世界一に貢献し、ナ・リーグMVPに選ばれたブライアント人気が高まり、収入は約462億円と飛躍的に伸びた。15、16年とも、2人のユニホームなどが飛ぶように売れたことが大きいという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    他球団は困惑…前ソフトB内村「ヤクルト入り報道」の波紋

  2. 2

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  3. 3

    伊藤健太郎に映画「ブレスあの波の向こうへ」を処方したい

  4. 4

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  5. 5

    内川聖一がソフトB退団を決意した工藤監督の“塩漬け”姿勢

  6. 6

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  7. 7

    バイデンは大丈夫か? 彼はいつも戦争判断を間違えてきた

  8. 8

    「鬼滅」実写化で民放争奪戦 なぜフジに権利付与されず?

  9. 9

    ホテルの嘆き…GoToキャンペーンで日本人の醜い姿が露わに

  10. 10

    小池都知事の噴飯コロナ対策 ドヤ顔「5つの小」に批判噴出

もっと見る