広島泥沼の借金11…4番鈴木誠也のメジャー流出が加速する

公開日: 更新日:

 2016年からリーグ3連覇を果たした広島。そんな王者の面影はもうない。25日現在、31勝42敗で借金11の5位に沈む。

 それでも、開幕以降は新たな補強を行っていないどころか、21日に新外国人のD・J・ジョンソン(31)を楽天に放出。交換要員を獲得することなく、金銭トレードという形を取った。現場からは「こんなに投手陣が苦しいのに……」と落胆の声も聞こえる。支配下登録選手は12球団最少の66人。巨人がすでに70人の上限に達しているのとは対照的に、4枠を空けたままで戦っている。

 コロナ禍で収入が大幅減となる今季、広島の経営は特にシビアだ。

「今年はとにかくキャッシュの確保が大事。7月以降、借金生活にどっぷりはまり、今や2ケタに膨れ上がっている。2年連続Bクラスの危機だろうが、優勝を諦めたシーズン終盤の補強など無意味とばかりに、年俸6000万円の新外国人D・Jを楽天に売った格好。現場はシラけて当然です」(球界関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  2. 2

    「麒麟がくる」放送再開も苦戦 関係者が明かす“3つの要因”

  3. 3

    元祖ビジュアル系 ジュリーの化粧に賛否両論が巻き起こる

  4. 4

    菅首相えげつない灰色“錬金術パーティー” 規正法に抵触か

  5. 5

    劇場版「鬼滅の刃」公開 SNSの“負の側面”から広がった共感

  6. 6

    今や芸能界をけん引「アラフィフ女性」パワーに男もかすむ

  7. 7

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  8. 8

    住宅街に巨大な穴…外環道予定ルート“陥没危機地帯”マップ

  9. 9

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

  10. 10

    学術会議問題に思う 税金は私たちの物で政権の物ではない

もっと見る