大阪府立山田高“快進撃の秘密” 昨夏全国制覇の履正社下す

公開日: 更新日:

 大阪の府立校では1994年秋以来、26年ぶりの近畿大会出場を決めたのが山田だ。

 4日の秋季大阪大会3位決定戦。山田は昨夏全国制覇した履正社を2―1と逆転で下し、来春センバツの選考の資料となる秋季近畿大会に駒を進めた。「夢の中と言えばいいのか……まだ信じられない」とは試合後の金子恭平監督(41)だ。

 4回戦以降、浪速、上宮、大阪産大付と甲子園出場経験のある私学に勝ち、この日は履正社を下した。「フツーの公立校の快進撃」とスポーツマスコミは大騒ぎだが、アマチュア野球担当記者がこう言う。

「部員33人のほとんどは地元中学の軟式野球部出身ながら、吹田市にある学校周辺は少年野球の盛んな地域。桜宮、天理大で野球をやっていた金子監督が就任した4年前から、徐々にだが力をつけてきた。昨夏は府大会で4回戦進出、一昨年秋は3回戦で履正社と3―5の試合をしています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    黒木瞳“監督”に映画界から三下り半「十二単衣…」が大コケ

  2. 2

    安倍「桜疑獄」地元・山口で大炎上 “子分”下関市長は恐々

  3. 3

    日ハム西川に逆転巨人入りの目 メジャーに意欲も障壁数々

  4. 4

    原英莉花にも“甘い蜜”が…プラチナ世代をスポイルするTV局

  5. 5

    テレ朝「七人の秘書」“闇の仕置き人”の最終決戦が見ものだ

  6. 6

    小林浩美LPGA会長 前代未聞「表彰式」ブチ切れすっぽかし

  7. 7

    伊藤健太郎ひき逃げ事件の余波…“空席”を埋める3人の俳優

  8. 8

    伊藤健太郎以外も…呪われた「とんかつDJアゲ太郎」の後味

  9. 9

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  10. 10

    地域振興とは名ばかり…「地域共通クーポン」の散々な評判

もっと見る