元川悦子
著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代」「『いじらない』育て方 親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃」など。

久保-南野-堂安“新ビッグ3”結成へ…盟友の初招集も追い風

公開日: 更新日:

久保建英(ビジャレアル FW・19歳)

 オランダ遠征(10月9日のカメルーン戦、13日のコートジボワール戦)で日本代表の活動が約1年ぶりに再開される。2018年9月の森保ジャパン発足時から<背番号10>を背負ってきた中島翔哉(ポルト)が落選する中、ビジャレアルの19歳FW久保建英への注目度が高まっている。

  ◇  ◇  ◇

 2019年6月のエルサルバドル戦でA代表デビューした時点では、金田喜稔氏(解説者)の<19歳119日の最年少ゴール記録>更新が確実視されていたが、コロナ禍で大記録は幻と消えた。

「最年少ゴール? 誘導尋問みたいになっちゃってますけど、いつまでも言われ続けるのもなんなんで、早いうちに決められれば、それで終わりかな」と1年前には本人も自信を見せていただけに本当に残念だ。それでも今回オランダで得点すれば、歴代2位の記録はつくれる。それを目指して貪欲に突き進んでほしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    チェンがロッテを自由契約に 巨虎楽“金満”3球団で争奪戦

  3. 3

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  4. 4

    これが大手企業の平均給与ランキングだ!業界別に大調査

  5. 5

    阪神はオフも大惨敗…補強第1弾が巨人から“おこぼれ”頂戴

  6. 6

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  7. 7

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

  8. 8

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  9. 9

    コロワイド会長も30億円騙された 「M資金」詐欺とは何か?

  10. 10

    吉沢亮「青天を衝け」の不安要素…「鎌倉殿」でトバッチリ

もっと見る