小林雅英
著者のコラム一覧
小林雅英元プロ野球投手

1974年5月24日、山梨県大月市生まれ。都留高、日体大、東京ガスから、98年ドラフトでロッテを逆指名し1位入団。2001年から07年まで7年連続20セーブを達成。05年は最多セーブ(29)に輝き、チームの31年ぶりVに貢献した。08、09年はMLBのインディアンスに在籍。その後は巨人、オリックスを経て11年限りで引退。オリックス、ロッテでコーチを歴任し、昨年は女子プロ野球リーグのコーチも務めた。日米通算530試合で40勝39敗、234セーブ、防御率3・14。

アメリカ出身選手の笑顔は上っ面だけ 実力で心を開かせる

公開日: 更新日:

 日本もアメリカも新入団選手が最初に同僚と顔を合わせるのが春のキャンプです。僕も2008年のフロリダキャンプで初めてサバシアやサイズモアといった主力選手に会いました。

 この時点ではまだ、本当に彼らの仲間になったわけではありません。日本人選手が最初に仲良くなるのは、主に中南米出身の選手です。ラテン系の彼らは陽気でノリも良く、打ち解けるのに時間はかかりません。厄介なのはアメリカ出身の選手たちです。

 彼らにはおそらく「ベースボールはアメリカ発祥のスポーツ」という自負があるのでしょう。外国でどれだけの実績があっても、「メジャーがナンバーワン」という意識が強い。だから中南米だろうが日本だろうが韓国だろうが、「よそでどれくらいやってきたかは知らないが、メジャーは甘くはないぜ」という態度がありありと出ていました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉沢亮「青天を衝け」の不安要素…「鎌倉殿」でトバッチリ

  2. 2

    再燃した「サクラ疑惑」は権力者同士の泥仕合なのか

  3. 3

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  4. 4

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

  5. 5

    黒木瞳“監督”に映画界から三下り半「十二単衣…」が大コケ

  6. 6

    二階氏の「春謳歌」続く 強靭化5年延長も菅首相が満額回答

  7. 7

    ステージ4突入間近 感染爆発招いた大阪維新「3つの大罪」

  8. 8

    テレ朝「七人の秘書」“闇の仕置き人”の最終決戦が見ものだ

  9. 9

    不仲の菅と小池「GoToを止めるな!」で利害一致の国民愚弄

  10. 10

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

もっと見る