小林雅英
著者のコラム一覧
小林雅英元プロ野球投手

1974年5月24日、山梨県大月市生まれ。都留高、日体大、東京ガスから、98年ドラフトでロッテを逆指名し1位入団。2001年から07年まで7年連続20セーブを達成。05年は最多セーブ(29)に輝き、チームの31年ぶりVに貢献した。08、09年はMLBのインディアンスに在籍。その後は巨人、オリックスを経て11年限りで引退。オリックス、ロッテでコーチを歴任し、昨年は女子プロ野球リーグのコーチも務めた。日米通算530試合で40勝39敗、234セーブ、防御率3・14。

急展開のインディアンスとの交渉期間は1週間足らずだった

公開日: 更新日:

「明日、アメリカに行ってきます」

 僕がこう切り出すと、みな「何をしに?」と怪訝な顔をしたのが印象的でした。

 2007年11月18日に行われたロッテのファン感謝デー。FA宣言をしたのは日本シリーズ翌日の同月2日。それから約半月後にインディアンスとの契約で成田から飛び立ったわけですから、仲間たちが目を白黒させるわけです。FA権の行使をめぐってあることないこと書き立てられ、人に会えばその話題ばかり。うんざりして行使に踏み切ったのですが、代理人を通じて真っ先にコンタクトを取ってきたのがメジャーのクリーブランド・インディアンスでした。

 FA宣言時には「日本、海外を問わず」とは言いましたが、宣言からわずか数日後、本当にメジャー球団からオファーが来るとは思ってもみませんでした。

 僕を球団に推薦したのは当時、インディアンスの駐日スカウトだったネイサン・ミンチー(現・巨人駐米スカウト)。01~04年にロッテに在籍しており、同じ釜の飯を食った仲間です。大の親日家で、自分の子供に「ダイスケ」と名付けたほど。僕の能力も性格も把握しているので、交渉もとんとん拍子に進みました。正式な話をもらってから渡米まで、確か1週間もかからなかったと思います。日本からメジャーに移籍した選手の中でも、交渉期間はおそらく僕が最短だったんじゃないでしょうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡村隆史の結婚秘話「相手はあの子」NSC時代の恩師明かす

  2. 2

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  3. 3

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  4. 4

    岡村隆史“奇跡のV字回復”なのに 新妻をひた隠しにするワケ

  5. 5

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

  6. 6

    菅首相が所信表明で言い間違い連発…予算委“火だるま”必至

  7. 7

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

  8. 8

    11月1日廃止されるのは大阪市ではなく民主主義ではないか

  9. 9

    田中みな実“低身長”発言が物議…153cmは女優の武器に?

  10. 10

    転落に巻き添えで女子大生死亡…遺族は補償を受けられるか

もっと見る