阪神ボーアまさかの残留? 期待外れでも解雇できないワケ

公開日: 更新日:

 スタメン落ちも当然だろう。

 5日の巨人戦、阪神のボーアが7月23日の広島戦以来となるベンチスタートとなった。これは、前日の試合で死球を受け、同じくスタメンを外れたサンズとは意味合いが違う。

 2~4日までの巨人との3試合は無安打。対巨人戦は打率・159、2本塁打、5打点とからっきしだ。このポイントゲッターの不発が今季、6勝14敗と巨人に大きく負け越す要因のひとつになった。通算成績も打率・242、15本塁打、41打点。打率の低さには目をつむっても、ここぞの一発に期待していた向きにとっては、ビミョーな成績ではないか。

 助っ人野手の失敗が続く阪神からすれば、打っている方かもしれないが、ボーアの年俸は2・75億円。今季、最終的に20本塁打をマークしたとしても、143試合換算では24本。大金をかけた選手の割には物足りない。1年契約だけに、今季限りで解雇になってもおかしくないが、まさかの残留の可能性もあるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日ハム栗山監督にファンが退任勧告も…後任不在の痛し痒し

  2. 2

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  3. 3

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  4. 4

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  5. 5

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  6. 6

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  7. 7

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  8. 8

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  9. 9

    安倍晋三がなぜ?「菅首相が継続すべき」発言“真の狙い”

  10. 10

    五輪マラ史上最悪 元陸連幹部が憤怒の北大構内“21”の危険

もっと見る