阪神ボーアまさかの残留? 期待外れでも解雇できないワケ

公開日: 更新日:

 スタメン落ちも当然だろう。

 5日の巨人戦、阪神のボーアが7月23日の広島戦以来となるベンチスタートとなった。これは、前日の試合で死球を受け、同じくスタメンを外れたサンズとは意味合いが違う。

 2~4日までの巨人との3試合は無安打。対巨人戦は打率・159、2本塁打、5打点とからっきしだ。このポイントゲッターの不発が今季、6勝14敗と巨人に大きく負け越す要因のひとつになった。通算成績も打率・242、15本塁打、41打点。打率の低さには目をつむっても、ここぞの一発に期待していた向きにとっては、ビミョーな成績ではないか。

 助っ人野手の失敗が続く阪神からすれば、打っている方かもしれないが、ボーアの年俸は2・75億円。今季、最終的に20本塁打をマークしたとしても、143試合換算では24本。大金をかけた選手の割には物足りない。1年契約だけに、今季限りで解雇になってもおかしくないが、まさかの残留の可能性もあるという。

「阪神は一昨年、年俸3・4億円の2年契約を結んだロサリオを1年でクビにした。ただでさえ助っ人野手の失敗が多いにもかかわらず、高年俸ボーアも1年限りで解雇すれば、それこそフロントは赤っ恥をかくことになる。性格が真面目、日本への適応力がある、コロナ禍で外国人の調査が難しい、などと何かしらの理由をつけて、来季も契約を更新する可能性があります」(阪神OB)

 阪神は8人の助っ人を抱えるなど、外国人頼みが顕著。大金をかけてもどのみち成功しないのだから、生え抜きの若手選手をしっかり育てたらどうか。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

  2. 2
    ウクライナ兵の士気を高めるためにセクシー写真を! 心理学者の妙案が話題

    ウクライナ兵の士気を高めるためにセクシー写真を! 心理学者の妙案が話題

  3. 3
    盗難車数は昨年比2500%増! ゲーム感覚で韓国車を盗む「KIAチャレンジ」が米国で急増中

    盗難車数は昨年比2500%増! ゲーム感覚で韓国車を盗む「KIAチャレンジ」が米国で急増中

  4. 4
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  5. 5
    吉永小百合「女性タレントCMギャラ1億円超」の圧倒的貫禄 77歳で堂々1位君臨の理由

    吉永小百合「女性タレントCMギャラ1億円超」の圧倒的貫禄 77歳で堂々1位君臨の理由

  1. 6
    田中聖の“ダメジャニ”人生は史上最悪…捜査逃れ繰り返しファン女性にカネを無心

    田中聖の“ダメジャニ”人生は史上最悪…捜査逃れ繰り返しファン女性にカネを無心

  2. 7
    出産で重い脳性まひに…救済求め障害ある我が子と会見に臨んだ母親たちの覚悟

    出産で重い脳性まひに…救済求め障害ある我が子と会見に臨んだ母親たちの覚悟

  3. 8
    島田陽子さん遺体いまだ火葬されず渋谷区が保管…このままでは“行き倒れ”と同扱いの可能性

    島田陽子さん遺体いまだ火葬されず渋谷区が保管…このままでは“行き倒れ”と同扱いの可能性

  4. 9
    小林麻耶の告白は99%真実 この目で見た妹・麻央さんの哀しき晩年と市川海老蔵の夜遊び

    小林麻耶の告白は99%真実 この目で見た妹・麻央さんの哀しき晩年と市川海老蔵の夜遊び

  5. 10
    “オミクロン対応”新ワクチンの疑問…未接種者や1回のみでは打てないのか?厚労省に聞いた

    “オミクロン対応”新ワクチンの疑問…未接種者や1回のみでは打てないのか?厚労省に聞いた