コロナ対策も万全 イーストウッドCC昼食なしで実質値下げ

公開日: 更新日:

イーストウッドカントリークラブ(栃木)

 まだまだ新型コロナウイルス感染症の終息は一向に見えてこないが、ゴルファーにとって待ちに待ったベストシーズンが到来した。

 ゴルフ場もコロナ感染対策にさまざまな工夫を凝らしている。

 本格的なパブリックコースとして、腕自慢に人気のイーストウッドカントリークラブでは、フロントに2台非接触型検温器を設置し、各所に非接触型自動アルコール消毒器も設置している。またレストランにはオゾン脱臭器2台、ロッカーや浴室、コンペルームや通路など各所に空気清浄機を設置する徹底ぶりだ。

「来場者からはコロナ対策がきちんと施されており、安心してゴルフを楽しめる、クラブハウスの清潔感について非常に高い評価をいただいております」(宇野義大支配人)

 そして10月1日から、乗用カートによる前後半に休憩をはさむ「通常プレー」と、休憩を取らない「スループレー」を選べるようになった(キャディー付きとセルフも選択が可能)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  6. 6

    原監督が「巨人不利」でも日本S全戦DHを受け入れた胸算用

  7. 7

    小池都知事のご乱心 焦りが透けた支離滅裂のイライラ会見

  8. 8

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

  9. 9

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  10. 10

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

もっと見る