羽川豊
著者のコラム一覧
羽川豊プロゴルファー

1957年栃木県出身。79年日本学生ゴルフ選手権優勝。翌80年にプロテストに合格すると、ルーキーイヤーの81年は日本オープン、日本シリーズに優勝。同年代の湯原信光、倉本昌弘とともに「ニューウェーブ三羽烏」と呼ばれた。82年にはメジャーのマスターズから招待され、初出場で15位。「世界最強レフティー」と絶賛された。現在はシニアツアーでプレー。テレビ解説者としても活躍している。

ショットを改善 全米女子プロの渋野日向子は期待できる

公開日: 更新日:

 先週の「日本女子オープン」は、いま勢いのある黄金世代の原英莉花小祝さくらの2人がマッチプレーの様相でぶつかり合い、最後まで大会を盛り上げました。

 3日目に単独首位に立った原が逃げ切り、初めて日本タイトルを獲得。緊張感の中でもドライバーを思い切り振り切れており、これまでウイークポントだと指摘されたアプローチとパットを克服して栄冠をつかんだわけです。原は女子プロの中では飛ばし屋として知られますが、飛ばしだけで勝つのはやはり難しい。

 ショット精度から、アプローチやパッティングまですべてにおいて他の選手よりも総合力が高かったといえます。高校生の時から指導を受けるジャンボ(尾崎将司)さんの存在も大きい。

 私も学生や研修生と一緒にラウンドすることがありますが、伸び悩んでいる人はスイングに関して勘違いしていることがあります。簡単なアプローチでも無駄な動作があり、基本的な形をつくってから、いろいろなアレンジをした方がいい。また、ドライバーは曲げないよう、フェアウエーをとらえようと一生懸命になって、飛距離を落としているケースもあります。飛ばして、さらに正確性がなければプロになっても通用しません。自分の持ち味を生かした正しいスイングを身に付けるためにもプロに教わることも大事です。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    巨人に4タテ完勝 ソフトBの執念を象徴する初戦9回裏の反省

  3. 3

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  4. 4

    菅首相のGoTo“鉄板答弁”破綻「4000万人中、感染者180人」

  5. 5

    ソフトは本気 王会長「工藤→小久保→城島」で狙うV10構想

  6. 6

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  7. 7

    安倍前首相「桜疑惑」補填費用900万円の謎 原資は機密費か

  8. 8

    大鹿理財局長の「何をもって虚偽とするか」発言に唖然呆然

  9. 9

    小池都知事のご乱心 焦りが透けた支離滅裂のイライラ会見

  10. 10

    高部知子“ニャンニャン写真”流出の顛末 元カレは自殺した

もっと見る