渋野日向子は初日イーブン発進 パッティングに一抹の不安

公開日: 更新日:

【全米女子プロゴルフ選手権】第1日

 7月12日の出国から始まった海外遠征も、6戦目の今大会を最後に帰国する渋野日向子(21)。

 試合前、「先週の(ポアナ芝の)グリーンより癖がないので、距離感が合えばうまくいくと思う」と語ったが、パターは入ったり、入らなかったりの波が大きかった。

 前半は2番で13メートルのロングパットを強めのタッチで放り込みバーディーが先行。5番ボギーの直後に6番バーディー。8番ボギー、9番バーディーとアウトでは2度のバウンスバックに成功して1アンダーで折り返した。

 この時点ではトップ10に入っていた。

■12番4パットダブルボギー

 痛かったのは12番パー4のダブルボギーだ。ピン左奥18メートルに2オン。うねる傾斜を読み切り、バーディーパットは1・5メートルオーバー。しかし、返しの短いパットがカップにけられ、ボギーパットも決まらず痛恨の4パット。続く13番の第1打はフェアウエーをとらえるもディボット跡に入る不運もあり、第2打はグリーンオーバー。アプローチに失敗してボギー。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  6. 6

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  7. 7

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  8. 8

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

もっと見る