小倉清一郎
著者のコラム一覧
小倉清一郎元横浜高校野球部部長

1944年(昭19)6月16日、神奈川県横浜市生まれの71歳。横浜―東農大を経て三菱自動車川崎―河合楽器で捕手として活躍。現役引退後、東海大一(現東海大翔洋)―横浜―横浜商―横浜で監督、部長を歴任。松坂、成瀬、涌井、筒香ら多くのプロ野球選手を育てた。98年の春夏連覇を含め、3度の甲子園優勝。渡辺前監督を支える名伯楽として主に技術面を指導した。対戦校の投手陣や打線の戦術分析に定評があり、名参謀と呼ばれた。14年夏限りで横浜のコーチを退任。現在は山梨学院や熊本・城北など、全国の各校で臨時コーチを務める。

ダル覚醒の要因 日本人初の最多勝とサイ・ヤング賞最有力

公開日: 更新日:

 コロナ禍で60試合に短縮された今季のメジャーリーグ。日本人野手は「動く球」「速い球」「変則投球フォーム」に苦労した。

 教え子の筒香(レイズ)の1年目は、打率・197、8本塁打、24打点。私の予想は・250ほどで本塁打は20本だった。少ない試合数で8発は上出来だが、打率は想定より低かった。

 2015年にドミニカ共和国で冬季リーグに参加して以来、球を引きつけることを意識した打法を取り入れている。バックスイング時のムダな動きを省きながら、対応しようとしたが、対応しきれなかった。ポジションは三塁と左翼。本来は左翼固定で打撃に集中できる環境がベストだろう。

 同じ1年目の秋山(レッズ)は打率・245、0本塁打、9打点。3年目の大谷(エンゼルス)も、打者としては打率・190、7本塁打、24打点。投手としては2試合で0勝1敗、防御率37・80の結果に終わった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  3. 3

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  4. 4

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  5. 5

    世界にたった100台…3.5億円“幻の名車”が一瞬にしてクズに

  6. 6

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  7. 7

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

  8. 8

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  9. 9

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  10. 10

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

もっと見る