阪神ぬるま湯体質の実態 球団社長辞任はトカゲの尻尾切り

公開日: 更新日:

 要するにトカゲの尻尾切りではないか。

 阪神の揚塩健治球団社長(60)が9日、兵庫県西宮市内の球団事務所で会見、今季限りでの辞任を表明した。

「2度にわたって球界全体にご迷惑をかけた事実は否めません。着任以来、いろいろな混乱を招いた球団内の最終的な責任者は私でございます。今シーズンの終了をもって社長を辞することを(藤原)オーナーに申し入れ、承諾をいただきました」とは揚塩社長。辞任は「私の一存」とも言ったが、阪急阪神HDの角和夫代表取締役会長(71)の発言を受けたものであることは想像に難くない。

 同会長は2度にわたる選手たちの集団コロナ感染、しかもルールを破ってのものだったことに関して怒り心頭。9月30日、関西の財界人の会合に出席した際、「きっちりとケジメをつけさせなければいけません」と言ったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉沢亮「青天を衝け」の不安要素…「鎌倉殿」でトバッチリ

  2. 2

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  3. 3

    再燃した「サクラ疑惑」は権力者同士の泥仕合なのか

  4. 4

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

  5. 5

    黒木瞳“監督”に映画界から三下り半「十二単衣…」が大コケ

  6. 6

    ステージ4突入間近 感染爆発招いた大阪維新「3つの大罪」

  7. 7

    これが大手企業の平均給与ランキングだ!業界別に大調査

  8. 8

    二階氏の「春謳歌」続く 強靭化5年延長も菅首相が満額回答

  9. 9

    不仲の菅と小池「GoToを止めるな!」で利害一致の国民愚弄

  10. 10

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

もっと見る