レイズ崖っぷち…世界一でも本拠地移転の苦しい台所事情

公開日: 更新日:

 筒香嘉智(28)のレイズが、崖っぷちに追い込まれた。

 日本時間26日のワールドシリーズ第5戦は、サイ・ヤング賞左腕カーショーら計4人の投手陣相手に7安打しながら2得点。四回にはマーゴーがワールドシリーズ18年ぶりとなる本盗を試みたが失敗。奇襲も実らず、2勝3敗と王手を許した。

 同28日の第6戦はエース左腕スネルを先発に立てて巻き返しを図る。2度目のワールドシリーズで球団史上初の世界一がかかるレイズ。ワールドチャンピオンまで上りつめようが、ドジャース相手に敗退しようが、今後は本拠地移転を強いられそうだという。

 レイズは、ヤンキース、レッドソックスら、メジャーを代表する金満球団と同じア・リーグ東地区に所属しながら、1998年の球団創設以来、すでに6度のポストシーズン進出、3度の地区優勝を果たしている。若手主体でチームを編成し、年俸総額を抑えながら、一定の成績を収める運営方法は高く評価されている。メジャーでは優等生の位置付けながら、ビジネス面ではMLBのお荷物球団だ。2019年の収入は約277億円で、メジャー30球団中25位だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    他球団は困惑…前ソフトB内村「ヤクルト入り報道」の波紋

  2. 2

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  3. 3

    伊藤健太郎に映画「ブレスあの波の向こうへ」を処方したい

  4. 4

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  5. 5

    内川聖一がソフトB退団を決意した工藤監督の“塩漬け”姿勢

  6. 6

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  7. 7

    バイデンは大丈夫か? 彼はいつも戦争判断を間違えてきた

  8. 8

    「鬼滅」実写化で民放争奪戦 なぜフジに権利付与されず?

  9. 9

    ホテルの嘆き…GoToキャンペーンで日本人の醜い姿が露わに

  10. 10

    小池都知事の噴飯コロナ対策 ドヤ顔「5つの小」に批判噴出

もっと見る