頼みは大谷復活…低迷エンゼルスが危惧する深刻ファン離れ

公開日: 更新日:

 ドジャースとレイズが世界一をかけて戦うワールドシリーズ(7回戦制)が20日(日本時間21日)に開幕。ドジャースと同じロサンゼルスを本拠地とするプロバスケットボールNBAのレイカーズは今季、10年ぶり17度目のファイナルを制覇した。

 ともにロスの名門球団のドジャースとレイカーズが同じ年に頂点に立てば、ド軍が世界一になった1988年以来32年ぶりのこと。レイカーズの大黒柱でファイナルMVPのレブロン・ジェームズ(35)は自身のSNSに「さあ、最後まで仕事をやり遂げよう」と記してドジャースに期待を寄せるなど、LAのスポーツファンの間では両チームによる同時優勝を待ち望む声でもちきりだという。

 レ軍に続いてド軍も頂点に立てば、同じ加州を本拠地とするエンゼルスは蚊帳の外に置かれそうだ。

 来季、エンゼルスを取り巻く環境はシビア。今季はコロナ禍で中断を余儀なくされたNBAは通常10月のレギュラーシーズン開幕を来年1月に実施する予定。日程や選手のコンディショニングを考慮して7月開幕の東京五輪にはドリームチームを派遣しない方針だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    黒木瞳“監督”に映画界から三下り半「十二単衣…」が大コケ

  2. 2

    安倍「桜疑獄」地元・山口で大炎上 “子分”下関市長は恐々

  3. 3

    日ハム西川に逆転巨人入りの目 メジャーに意欲も障壁数々

  4. 4

    原英莉花にも“甘い蜜”が…プラチナ世代をスポイルするTV局

  5. 5

    テレ朝「七人の秘書」“闇の仕置き人”の最終決戦が見ものだ

  6. 6

    小林浩美LPGA会長 前代未聞「表彰式」ブチ切れすっぽかし

  7. 7

    伊藤健太郎ひき逃げ事件の余波…“空席”を埋める3人の俳優

  8. 8

    伊藤健太郎以外も…呪われた「とんかつDJアゲ太郎」の後味

  9. 9

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  10. 10

    地域振興とは名ばかり…「地域共通クーポン」の散々な評判

もっと見る