ロッテ澤村でメジャー争奪戦か 欲しがる球団と積まれる金

公開日: 更新日:

 今月17日に海外FA権を取得したロッテ澤村拓一(32)に、メジャーの複数球団が関心を寄せているという。選手の移籍情報に関して精度の高いことで知られる米サイト「トレード・ルーモア」のスティーブ・アダムズ記者が26日(日本時間27日)に伝えた。

 記事では澤村について「最速97マイル(約156キロ)の直球に加え、90マイル(約145キロ)前後のスプリットが武器」とし、「彼がメジャーでのプレーを希望した場合、(ロッテへの)トレード後の成績(15試合で防御率1・23)や、ポテンシャルは(交渉で)有利になるはずだ」としている。

 アダムズ記者は「今オフのFA市場の動向や澤村の契約内容を予測するのは難しいが、中継ぎ投手は例年と変わらず需要はある」と、通算75セーブ右腕の獲得に動く球団は少なくないとみている。

 実際、メジャーは澤村を高く評価しており「真っすぐの最速はメジャーのリリーフ投手の平均(約151キロ)を上回っており、狙って三振を取れるスプリットは武器になると思う」(ア・リーグスカウト)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    チェンがロッテを自由契約に 巨虎楽“金満”3球団で争奪戦

  3. 3

    これが大手企業の平均給与ランキングだ!業界別に大調査

  4. 4

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  5. 5

    阪神はオフも大惨敗…補強第1弾が巨人から“おこぼれ”頂戴

  6. 6

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  7. 7

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

  8. 8

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  9. 9

    コロワイド会長も30億円騙された 「M資金」詐欺とは何か?

  10. 10

    吉沢亮「青天を衝け」の不安要素…「鎌倉殿」でトバッチリ

もっと見る