阪神の佐藤1位指名で再燃 甲子園ラッキーゾーン復活待望論

公開日: 更新日:

 阪神は27日、4球団の1位指名競合の末、交渉権を獲得した近大の佐藤輝明(仁川学院)に指名挨拶。矢野監督は、佐藤本人が目標に掲げるトリプルスリー(3割、30本、30盗塁)の上を行く、日本プロ野球界では前人未到の40本塁打、40盗塁達成に期待を寄せた。

【写真】この記事の関連写真を見る(14枚)

 しかし、阪神の本拠地・甲子園は、右翼から左翼方向へ浜風が吹く上、右中間、左中間が比較的深いため、左打者が本塁打を量産するのは難しい球場。

 佐藤は「左打者には不利な風だが、それに負けない打球を打ちたい。逆方向に長打を打っていきたい」と力強かったが、阪神周辺からは、「佐藤の加入で『ラッキーゾーン』復活の待望論が再燃するかもしれない」との声が聞こえてきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  6. 6

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  7. 7

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  8. 8

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    鈴木京香&長谷川博己「年明け結婚」説を裏づける2つの理由

もっと見る