ソフトB余裕の“5人全員高校生指名” 本気で狙う巨人V9超え

公開日: 更新日:

“即戦力”の3文字には目もくれなかった。

 2015年以来となる「オール高校生」のドラフトとなったソフトバンク。1位で入札した近大・佐藤の交渉権を逃すと、外れ1位で井上(花咲徳栄)、笹川(横浜商=外野手)、牧原(日大藤沢=捕手)……など、高校生5人を指名した。つまり、ソフトバンクは「目先の戦力は不要」と言っているようなものだ。

【写真】この記事の関連写真を見る(14枚)

 あるパ球団の編成担当は「さすがの余裕ですね」と、こう続ける。

「高校生より大学・社会人の即戦力にタマが揃っていた。それに見向きもしないということは、当面は現有戦力で何とかなる、と判断したのでしょうね。ベテランがしのいでいる間に将来の中軸選手を育てるのは理想だが、言うはやすし。ソフトバンクはそれをシステム化し、軌道に乗せようとしている。長期的な黄金時代をつくって、巨人のV9を本気で超えるつもりじゃないですか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  6. 6

    原監督が「巨人不利」でも日本S全戦DHを受け入れた胸算用

  7. 7

    小池都知事のご乱心 焦りが透けた支離滅裂のイライラ会見

  8. 8

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

  9. 9

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  10. 10

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

もっと見る