マエケンが“標的”に…移籍2年目はWソックスベンチに要注意

公開日: 更新日:

 ツインズ・前田健太(32)には厄介な存在となりそうだ。同じア・リーグ中地区のライバル球団であるホワイトソックスの新監督に通算2728勝のトニー・ラルーサ氏(76)が就任したからだ。

 ベテラン指揮官は、アスレチックス、カージナルスを率いて計3度ワールドシリーズを制覇。最優秀監督に4度選ばれ、2014年には野球殿堂入りを果たした。

 メジャーを代表する名将のひとりに挙げられるラルーサ氏は、サインを解読したり、相手バッテリーの精神的な動揺を誘うことにたけていることでも知られる。

 カージナルス時代には、相手のエース級を揺さぶるため、審判に不正投球をアピールしたり、意味のない抗議で投球リズムを狂わせたりして、失投を誘うことも珍しくなかった。

 ラルーサ監督のもとで6年間プレーし、06年に世界一を経験した田口壮(現・オリックス1軍野手総合兼打撃コーチ)はメジャー在籍時、日刊ゲンダイのインタビューにこう話していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  3. 3

    玉突き人事速報 菅野とダルに追い出される田中は西海岸へ

  4. 4

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  5. 5

    安倍氏任意聴取の狙い 特捜部は十八番のウソを見破れるか

  6. 6

    吉川元農相は大臣室で現ナマ疑惑…「鶏卵汚職」何人いる?

  7. 7

    菅首相はコロナ禍でも朝昼晩「外食フルコース」の贅沢三昧

  8. 8

    安倍氏の発言に納得 嘘が許されるなら国会自体意味がない

  9. 9

    新型コロナワクチン接種 日本人の3割が恐れる副反応の実態

  10. 10

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

もっと見る