阪神はオフも大惨敗…補強第1弾が巨人から“おこぼれ”頂戴

公開日: 更新日:

「時代が変わったというだけで、済ませる話ではありませんよ」

 阪神OBがこう指摘する。11月30日、阪神が巨人の山本泰寛(27)を金銭トレードで獲得した一件だ。

 巨人の山本は、二塁、三塁、遊撃をこなす内野のユーティリティー。カミさんが在阪キー局の毎日放送アナウンサーで、現在は東京と大阪に分かれて暮らしている。山本にとっては家族との時間が増え、より一層、野球に打ち込めそうだが、冒頭のOBはこう続ける。

「巨人が選手の飼い殺しをなくそうとしていることもあり、今回のトレードが成立したのでしょう。阪神も、内野手の競争をあおりたい意図があるようです。ただ、阪神と巨人の間には、かつての江川卓と小林繁による電撃トレードの事件もあり、1949年の2リーグ制後の両球団間のトレードは5件にとどまっている。宿敵チームの選手を獲得することで、ファンの反発を買いかねないからです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  3. 3

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  4. 4

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  5. 5

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  6. 6

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  7. 7

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  8. 8

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  9. 9

    リバプール南野いよいよ戦力外か…現地メディアも「近い」

  10. 10

    大谷翔平4年目の年俸は? “調停勝ち目なし”とシビアな評価

もっと見る