“暴れ馬”澤村につく値段は? ロッテ経由でFAメジャー挑戦

公開日: 更新日:

 ロッテ澤村拓一(32)が11月30日、海外FA権行使の申請書類を球団に提出した。

「日米42球団と交渉が可能になったので、もちろんアメリカ移籍、ロッテ残留、国内移籍、全て考えられる中で、自分のことを一番必要としてくれる球団で腕を振っていきたいという気持ち」(澤村)

 今季は巨人で13試合に登板し1勝1敗、防御率6.08。制球難が修正できず、一時は三軍落ちまで経験した。しかし、9月にロッテにトレード移籍すると、22試合で防御率1.71。勝ちパターンのリリーフ陣の一角として「八回」の役割を担うなど新天地で復活を遂げていた。

 澤村はイチロー(現マリナーズ球団会長付特別補佐兼インストラクター)らの担当で知られるジョン・ボッグス氏と代理人契約を結んでおり、5~10球団が獲得に興味を示しているとされる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  2. 2

    エンゼルス大谷の現在地 調停金額で分かった二刀流の評価

  3. 3

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  4. 4

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  5. 5

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  6. 6

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  7. 7

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  8. 8

    ロッテ清田「無期限謹慎」は選手の不倫にブレーキかけるか

  9. 9

    巨人桑田コーチ補佐“先発135球”指令の波紋 何人できるか?

  10. 10

    大倉忠義「知ってるワイフ」不発の原因はリアルな息苦しさ

もっと見る