阪神が近大佐藤の芽を摘む恐れ 現首脳陣は守備指導力なし

公開日: 更新日:

 大学最後の大会で実力を遺憾なく発揮している。

 6日、阪神からドラフト1位指名された佐藤輝明(近大)が、大阪市内で行われた関西選手権1回戦で大商大と対戦。七回に右翼フェンス直撃の2点適時三塁打を放つなど、攻守で活躍し、8日に行われる決勝戦へ進出した。

「悔いがないように、しっかり勝ちきりたい」

 こう話した佐藤は、走攻守三拍子揃った逸材としてメジャーもその将来性を高く評価している。あるメジャー球団のスカウトは、「ソフトバンクの柳田クラスの潜在能力を秘めている。日本でトリプルスリーを狙えるのはもちろん、187センチと体が大きく、タフなメジャーでもやっていける可能性はある。本人も関心を持っているというし、将来が楽しみだ」と指摘する。

 しかし、阪神では早くもポジション問題が浮上している。近大入学当初は外野を守っていたが、三塁守備の適性の高さを見いだされ、コンバート。本人もプロでの三塁挑戦を希望している。俊敏性に加え、ハンドリングも長けており、近大の田中監督は、三塁にとどまらず、「二遊間でもできると思っている」と話している。プロでも、ソフトバンクなどが内野手としての適性を高く評価していたが、阪神では主砲の大山が三塁にいることから、外野起用構想を掲げている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    他球団は困惑…前ソフトB内村「ヤクルト入り報道」の波紋

  2. 2

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  3. 3

    伊藤健太郎に映画「ブレスあの波の向こうへ」を処方したい

  4. 4

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  5. 5

    内川聖一がソフトB退団を決意した工藤監督の“塩漬け”姿勢

  6. 6

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  7. 7

    バイデンは大丈夫か? 彼はいつも戦争判断を間違えてきた

  8. 8

    「鬼滅」実写化で民放争奪戦 なぜフジに権利付与されず?

  9. 9

    ホテルの嘆き…GoToキャンペーンで日本人の醜い姿が露わに

  10. 10

    小池都知事の噴飯コロナ対策 ドヤ顔「5つの小」に批判噴出

もっと見る