巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

公開日: 更新日:

ソフトBの「データ戦略」は鬼に金棒

「全てにおいて、ソフトバンク巨人を圧倒しています」

 ホークスOBの評論家・山内孝徳氏がこう言う。

 21日に開幕した巨人とソフトバンクによる日本シリーズ。巨人主催の京セラドーム大阪で行われた1、2戦目は、ソフトバンクが投打に圧倒して2連勝。巨人は昨年のシリーズで同じソフトバンク相手に4連敗しているが、今年も苦戦するのは濃厚だろう。冒頭の山内氏が続ける。

「攻守にわたって巨人が不利になる指名打者制が全試合で導入されたのはもちろん、昨年も今年も、投打の『パワーの差』がクローズアップされている。ソフトバンクの投手は球速、球威があり、打者もスイングや打球速度が速い。巨人と比べても『質』が高い選手が揃っています。かつてのV9時代の巨人のようなものです。1、2戦目に先発した千賀、石川は育成出身。巨人も多くの育成選手を抱えていますが、ソフトバンクの場合はイチかバチかでも活躍する可能性がある選手を、データを駆使して調査し、ピックアップしている。他球団が指名を迷うような選手も、能力を信じて取りに行く。だから成功する確率が高い。こうしたデータ戦略は試合においても生かされている。1戦目に栗原が菅野の高めのスライダーを本塁打した。菅野のスライダーはこのコースに来ると、読み切ったうえでのスイングだったと思う。質の高い選手が高度なデータを駆使すれば、まさに鬼に金棒。ソフトバンクに負ける要素は見当たりません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  3. 3

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  4. 4

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  5. 5

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  6. 6

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  7. 7

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  8. 8

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  9. 9

    リバプール南野いよいよ戦力外か…現地メディアも「近い」

  10. 10

    大谷翔平4年目の年俸は? “調停勝ち目なし”とシビアな評価

もっと見る