明瀬山光彦は重くても器用 腰の状態さえ良ければ幕内上位

公開日: 更新日:

35歳・木瀬部屋・前頭16枚目

 史上4番目の遅さで幕内に返り咲いた。

 埼玉栄から日大と相撲のエリートコースを歩み、木瀬部屋に入門。前相撲から十両昇進まで3年足らずと、順調に出世階段を上っていた。しかし、腰痛に悩まされ、その後は幕下と十両を行ったり来たり。2016年3月場所、30歳にして新入幕を果たしたものの、わずか1場所で陥落。再び幕下と十両を繰り返し、今場所、実に5年ぶりに再入幕を果たした。

「以前は腰痛の影響で、まわしをへその上で締めていた。まわしはああ見えて硬いので、きつく締めると腰への負担が大きいからです。ただ、へその上だと安定せず、ユルフンになりがち。明瀬山はまわしの下から腹の肉がはみ出すなど、仕方ないとはいえ見苦しさもあった。それが去年くらいから、きちんとへその下でまわしを締めるようになった。恐らく腰痛が改善されたのではないか」(ある親方)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  2. 2

    拘束プレー用の足枷を放置 ある日彼の母親が家に来て…

  3. 3

    福田元首相秘書が懸念「国会でモラルハザード起きている」

  4. 4

    ボランティア辞退に意向確認 もはや東京五輪は“真っ黒”だ

  5. 5

    緊急事態宣言「1カ月延長論」浮上 2週間で収束メド立たず

  6. 6

    英中部 絶壁の縁にテント張り「脳死状態」と罵られた家族

  7. 7

    “里帰り不倫”福原愛はシンママに勝機 モラハラ夫に同情票

  8. 8

    小川彩佳に“傷口に塩”の仕打ち…夫の愛人が不倫の日々激白

  9. 9

    遠征先で無断外泊先から球場入り…それでも石井は好投した

  10. 10

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

もっと見る