明瀬山光彦は重くても器用 腰の状態さえ良ければ幕内上位

公開日: 更新日:

35歳・木瀬部屋・前頭16枚目

 史上4番目の遅さで幕内に返り咲いた。

 埼玉栄から日大と相撲のエリートコースを歩み、木瀬部屋に入門。前相撲から十両昇進まで3年足らずと、順調に出世階段を上っていた。しかし、腰痛に悩まされ、その後は幕下と十両を行ったり来たり。2016年3月場所、30歳にして新入幕を果たしたものの、わずか1場所で陥落。再び幕下と十両を繰り返し、今場所、実に5年ぶりに再入幕を果たした。

「以前は腰痛の影響で、まわしをへその上で締めていた。まわしはああ見えて硬いので、きつく締めると腰への負担が大きいからです。ただ、へその上だと安定せず、ユルフンになりがち。明瀬山はまわしの下から腹の肉がはみ出すなど、仕方ないとはいえ見苦しさもあった。それが去年くらいから、きちんとへその下でまわしを締めるようになった。恐らく腰痛が改善されたのではないか」(ある親方)

 愛嬌があり、穏やかな性格。弟弟子にいじられても、ニコニコと笑っている。そんな性格だからか、本場所でも一門を超えてさまざまな親方衆にエールを送られたり、冗談を言われるなど、周囲に愛されるキャラクターだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    値上げラッシュなのに…10月1日からの「加熱式たばこ」増税にメーカー各社が異例の対応

    値上げラッシュなのに…10月1日からの「加熱式たばこ」増税にメーカー各社が異例の対応

  2. 2
    オリ山本由伸は2年連続「投手5冠」確実も…来季はダルビッシュと同じ“悩み”抱える懸念

    オリ山本由伸は2年連続「投手5冠」確実も…来季はダルビッシュと同じ“悩み”抱える懸念

  3. 3
    JOC竹田前会長“ガサ入れ”情報! 旧皇族自宅の高級マンション前に報道陣殺到し住民困惑

    JOC竹田前会長“ガサ入れ”情報! 旧皇族自宅の高級マンション前に報道陣殺到し住民困惑

  4. 4
    パ優勝へ王手のソフトバンクは「7.5億円 松田・千賀資金」争奪戦が選手のモチベーション

    パ優勝へ王手のソフトバンクは「7.5億円 松田・千賀資金」争奪戦が選手のモチベーション

  5. 5
    広島は5位終戦…いずれやって来る新井時代へ、野村、緒方、金本ら監督経験者待望論

    広島は5位終戦…いずれやって来る新井時代へ、野村、緒方、金本ら監督経験者待望論

  1. 6
    借金球団のCS進出に物申す! フルマラソンの後の短距離走に意義はあるのか

    借金球団のCS進出に物申す! フルマラソンの後の短距離走に意義はあるのか

  2. 7
    米アップル最重要幹部の“不適切ジョーク”が急拡散し辞任へ…同社も認め全米に衝撃!

    米アップル最重要幹部の“不適切ジョーク”が急拡散し辞任へ…同社も認め全米に衝撃!

  3. 8
    石田純一“親心”がアダで仕事激減…息子いしだ壱成と「父子共倒れ」の危機

    石田純一“親心”がアダで仕事激減…息子いしだ壱成と「父子共倒れ」の危機

  4. 9
    フジ「ポップUP!」わずか半年で打ち切り…後釜番組「ぽかぽか」に漂う“万策尽きた”感

    フジ「ポップUP!」わずか半年で打ち切り…後釜番組「ぽかぽか」に漂う“万策尽きた”感

  5. 10
    かたくなな日銀・黒田総裁にイラ立つ岸田官邸…為替単独介入決断の背景

    かたくなな日銀・黒田総裁にイラ立つ岸田官邸…為替単独介入決断の背景