“下り坂”FA田中「年15億円要求」欲張りすぎ…8億円が妥当

公開日: 更新日:

 実際の商品価値は果たしてどれほどなのか。

 今オフ、ヤンキースからFAとなった田中将大(32)のことだ。

 米メディア「デーリー・ニューズ紙」(電子版)やニューヨークのテレビ局「SNY」などによれば、田中は年俸15億円程度のカネを要求しているという。いまの田中にそれだけの価値はあるのか。

「ピークは過ぎた投手です」と、スポーツライターの友成那智氏はこう続ける。

「もともとスプリットとスライダーが武器でしたが、年を追うごとにスプリットが落ちなくなっています。それに、速球も衰えた。『ファングラフス』というサイトにある各球種の採点表で、速球は300人ほどの投手たちの中で230番台です。投手を総合的に評価する指標『WAR』は0・7点。メジャーは1点を800万ドルで計算すればだいたいの適正年俸が出るので、田中は560万ドル(約5億8000万円)ほどになる。一昨年まで6年連続2ケタ勝利の実績を加味しても8億円程度が妥当かもしれません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    「ボス恋」上白石萌音“高視聴率ヒロイン”定着に必要なこと

  3. 3

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  4. 4

    「トゥナイト」で人気の高尾晶子さんはボートレースの顔に

  5. 5

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  6. 6

    「ボス恋」成功は上白石萌音の魅力を最大限に生かしたこと

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    「国際大会は分散開催でしか生き残れない」運営の専門家が提唱

  9. 9

    菅田将暉に月9主演が浮上 大河と映画3本で体調は大丈夫?

  10. 10

    桑田補佐と菅野がベッタリ 絶対エースの傾倒に周囲は不安

もっと見る