バスケ国際大会は日本からドーハへ…背景にコロナ対策の差

公開日: 更新日:

 ひとつの国際大会が日本から離れていった。

 国際バスケットボール連盟は22日、2月中旬に日本で行われる予定だった男子アジアカップ2021予選(B組)の開催地を、コロナ禍の影響によりカタールの首都ドーハに変更することを発表した。

 白羽の矢が立ったカタールは、2月4日からサッカーのクラブW杯も開かれるが、同国もコロナの感染者数は少なくない。例えば、17日から23日の1週間を見てもカタールは人口10万人あたりの感染者数が59・4人。日本は29・7人。日本のほうがまだマシだ。

 それでも開催地がドーハに移ったのは、カタールにおけるスポーツイベントの感染症対策が、日本と比べものにならないほど徹底されているからだろう。

 AFP通信によると、カタールはクラブW杯開催にあたり、国外観客の受け入れは禁止。さらに約4万人収容の会場も入場者数は30%に制限。観客は試合開始の72時間前までに簡易PCR検査か抗原検査を受けることが必須であり、陰性者にのみチケットを渡すという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  3. 3

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  4. 4

    福田元首相秘書が懸念「国会でモラルハザード起きている」

  5. 5

    “里帰り不倫”福原愛はシンママに勝機 モラハラ夫に同情票

  6. 6

    NEWS加藤の吉川英治新人賞は本物 一芸ジャニーズ台頭なぜ

  7. 7

    ボランティア辞退に意向確認 もはや東京五輪は“真っ黒”だ

  8. 8

    これぞ教育!帽子を脱がない校則違反の男子生徒に校長は…

  9. 9

    英中部 絶壁の縁にテント張り「脳死状態」と罵られた家族

  10. 10

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

もっと見る