阪神ドラ1佐藤輝明 腰の違和感で途中棄権は「ケガの功名」

公開日: 更新日:

 阪神ドラフト1位ルーキーの佐藤輝明(近大)が、26日の新人合同自主トレで3000メートル走を行った際、腰に違和感を覚えて途中リタイアした。

「黄金新人がいきなりの故障か!?」と、現場にいたチーム関係者やメディアは色めき立ったが、佐藤はその後も打撃練習を行うなど、大事には至らなかったもようだ。

 阪神OBは、「佐藤は自らランニングのペースを落とし、トレーナーに腰の違和感を申告した上で自重したようですが、なかなかできないことだと言っていい」と、こう続ける。

「プロの水に慣れていない新人は、要所要所で自分にストップをかけることが大事。ただでさえプロ入りしたばかりで張り切っている。自主トレやキャンプでアピールしようと無理したり、首脳陣に対して萎縮し、体の異変を申告できなかったりして、大ケガにつながるケースが少なくない。まして佐藤は4球団が競合した黄金ルーキー。他の選手や関係者、メディアから連日、一挙手一投足を注目されているから、なおさらそうした危険が伴うが、今のところは周囲の狂騒に浮足立つことなく、順調に調整を進めているのではないか」

 佐藤は小学6年時、タイガースジュニアに選ばれたものの、大会前に右肘を痛めた。監督は佐藤をおもんぱかって試合への出場を持ちかけたが、佐藤は先々を見据え、きっぱりと「肘を治したいから出ません」と言って、ランナーコーチに専念したほど。気構えはプロ入りした今も変わっていないようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    元宝塚男役トップ明日海りおは“ポスト天海祐希”の大本命

  3. 3

    多部未華子の夢は「子育てに没頭」 ファンが案じる女優引退

  4. 4

    渋沢栄一の不思議 なぜ“名を冠した企業”が1社しかないのか

  5. 5

    北川景子もハマっている「盛り塩」なぜ広まった?注意点も

  6. 6

    渋野はコーチと決別し遼ら助言…丸腰参戦に「最悪」の指摘

  7. 7

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  8. 8

    東電22兆円巨額裁判の行方「株主代表訴訟」弁護団長に聞く

  9. 9

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  10. 10

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

もっと見る