巨人菅野ようやく始動…“静寂調整”自分だけ全力集中の吉兆

公開日: 更新日:

 巨人菅野智之(31)が26日、久しぶりに川崎市のジャイアンツ球場で汗を流した。キャッチボールやランニングを行い、FAで巨人入りした梶谷らと対面。「今日は軽めの練習でしたが、シーズンを見据えて、しっかりとキャンプに臨めるように準備していきます」とコメントした。

 今オフにポスティングでの米大リーグ移籍を目指したものの、巨人残留を決断した。9日に帰国後は2週間の自主隔離期間を過ごしていた。

 メジャー球団との交渉のため、例年に比べ、調整は大幅に遅れている。それでも菅野は隔離前に「今年はオフが(1カ月)短い。例年なら今頃(自主トレ先の)ハワイに行く感じだから影響はない」と焦りはない様子だったが、開幕は通常通りの3月26日。隔離期間中もできる範囲で体を動かしていたとはいえ、キャンプイン目前にやっと自由にトレーニングができる状態になったわけで、時間がないことに変わりはない。さるチーム関係者がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    総務省・東北新社問題 疑惑の本丸“癒着会議”の仰天議事録

  2. 2

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

  3. 3

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  4. 4

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  5. 5

    93年日本S第7戦 古田の“ギャンブルスタート”はサイン無視

  6. 6

    藤井2冠が高校を自主退学…「中卒」だと人生詰みは本当か

  7. 7

    ワクチン高齢者向け「6月末まで」は眉唾 河野発言根拠なし

  8. 8

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  9. 9

    鳩山元首相を広告塔に…医療ベンチャーの怪しいビジネス

  10. 10

    通行者や近隣住民のクレームは決して甘く診てはいけない

もっと見る