小倉清一郎
著者のコラム一覧
小倉清一郎元横浜高校野球部部長

1944年(昭19)6月16日、神奈川県横浜市生まれの71歳。横浜―東農大を経て三菱自動車川崎―河合楽器で捕手として活躍。現役引退後、東海大一(現東海大翔洋)―横浜―横浜商―横浜で監督、部長を歴任。松坂、成瀬、涌井、筒香ら多くのプロ野球選手を育てた。98年の春夏連覇を含め、3度の甲子園優勝。渡辺前監督を支える名伯楽として主に技術面を指導した。対戦校の投手陣や打線の戦術分析に定評があり、名参謀と呼ばれた。14年夏限りで横浜のコーチを退任。現在は山梨学院や熊本・城北など、全国の各校で臨時コーチを務める。

PL学園1年生エース桑田には「小倉ノート」を2度も覆された

公開日: 更新日:

 先月半ば、あの桑田真澄が投手チーフコーチ補佐として、15年ぶりに巨人復帰が決まったニュースに驚いた。

 私がこれまで指導者として50年以上、高校野球、甲子園を見てきた中でも、トップクラスのセンスを持つ男である。

 思い出すのは1983年夏の甲子園決勝だ。私は当時、横浜商(Y校)のコーチだった。対戦相手のPL学園の1年生エース桑田を偵察すると、ある「クセ」に気が付いた。

 二塁に走者を背負うと、セットポジションに入った瞬間に二塁走者を1度見るだけ。その後は見ない。「この時に牽制がなかったらスタートを切れ」と指示を出した。初回に楽々と三盗に成功。勝機が見えたと思ったのも束の間、二回も1死二塁となり、同じように1度見た桑田が2度振り返った。逆を突かれた二塁走者が牽制で刺された。決勝の緊迫した試合中に即座に修正してきたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    出川哲朗は枕営業騒動で一番深手…“救いの手”はあるのか

  5. 5

    マリエ枕営業騒動にみる「根に持つ女性」の賢いあしらい方

  6. 6

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  7. 7

    小室圭さんが母の元婚約者に“解決金” 支払いは誰が?

  8. 8

    小室圭さん400万円で破談寸前に 初動ミスを招いたプライド

  9. 9

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  10. 10

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

もっと見る