武藤事務総長は密室での検討委なぜ放置?非公開に憤りの声

公開日: 更新日:

<メンバーが非公表って一体どういうこと>
<誰が選んだのかが分からないのに透明性は確保されている?>
<何だか先祖返りしていないだろうか>

 すでにネット上では、疑問や憤りの声が広がっている。16日午後に開かれた「東京五輪・パラリンピック組織委員会」の新会長を決めるための候補者検討員会(委員長・御手洗冨士夫名誉会長)に対してだ。

 検討委では、女性蔑視発言の責任を取って辞任を表明した森喜朗会長(83)の後任選出に向けて選考基準を決定。17日に候補者を数人に絞る見通しとなっているのだが、この検討委のメンバーについて「マスコミが殺到するから」などの理由から、組織委の評議員や理事も含めて一切明かされていないのは、すでに報じられている。

 組織委の武藤敏郎事務総長(77)は16日午前、報道陣に対して、改めて検討委会合の場所やメンバーは明らかにしない考えを示し、「会合が終わった段階で、なにがしかのことをお知らせしたい。詳しいことは事柄の性格上、申し上げられない。結果だけ」と語っていたが、なぜ頑なに公開を拒否するのか。すべてをオープンにすれば、マスコミがメンバーに殺到する心配もない。非公開にするから、かえって取材や報道が過熱するのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  4. 4

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  5. 5

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  6. 6

    マリエは今だから枕営業の実態告発 “海外の目”援軍なるか

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    都が見回り隊員に大盤振る舞い 日給1万2200円+αは妥当?

  9. 9

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  10. 10

    ワクチン後進国の日本が“変異株リスク”…米外交専門誌が警鐘

もっと見る