橋本五輪相“無理チュー”セクハラ問題 世界に拡散寸前!

公開日: 更新日:

 女性蔑視発言で辞任を表明しても、まだまだ混乱は続きそうだ。東京五輪・パラリンピック組織委員会会長の“ポスト森”選びが混迷を極めている。最有力候補として名前が挙がる橋本聖子五輪相が過去にしでかした“無理チュー”セクハラ報道が再燃し、世界中に拡散されつつあるのだ。

【写真】この記事の関連写真を見る(09枚)

 ◇  ◇  ◇

 英BBC放送でキャスターを務める大井真理子氏が12日、自身のツイッターに、橋本氏が過去にセクハラ疑惑を報じられたことを英文で投稿。豪紙シドニー・モーニング・ヘラルドの〈フィギュアスケートチャンピオンの高橋大輔が、3児の母・橋本聖子からのセクハラを否定〉(2014年8月22日付)との記事を紹介している。

■橋本氏サイドは当時「他の選手やスタッフにもキス&ハグ」と

 橋本氏のセクハラ問題は、14年8月20日発売の週刊文春が報じた。同年2月開催のソチ冬季五輪で、日本選手団団長だった橋本氏が、閉会式後に開かれた飲酒を伴う打ち上げパーティーで、高橋に抱き付きキスをした、というものだった。

 当時、橋本事務所は日刊ゲンダイに「他の選手やスタッフにもキス&ハグをして盛り上がっていた」「(キスは)無理やりではありません」と回答。高橋も当時の会見で「パワハラ、セクハラとは思っていない」と説明したが、「選手団団長」による「一選手」への接吻は「無理チュー」「セクハラ」と受け止められても仕方ない大問題だった。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

  2. 2
    プロ注目左腕の京都国際・森下瑠大 初戦3回4失点KOにニンマリの球団

    プロ注目左腕の京都国際・森下瑠大 初戦3回4失点KOにニンマリの球団

  3. 3
    巨人球団ワースト記録更新の8本目“満塁本塁打病”…ベンチで真っ青なコーチ2人の名前

    巨人球団ワースト記録更新の8本目“満塁本塁打病”…ベンチで真っ青なコーチ2人の名前

  4. 4
    有田芳生氏「統一教会は毎月1億円の『対策費』で『政治の力』に頼った」

    有田芳生氏「統一教会は毎月1億円の『対策費』で『政治の力』に頼った」

  5. 5
    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  1. 6
    六平直政さん「オレの髪がフサフサだった頃、唐十郎さんと長男・義丹と伊豆で撮った1枚は…」

    六平直政さん「オレの髪がフサフサだった頃、唐十郎さんと長男・義丹と伊豆で撮った1枚は…」

  2. 7
    山田優は第4子出産でも辻希美「ママタレ女王」の座は奪えない…アンチの存在がネックに

    山田優は第4子出産でも辻希美「ママタレ女王」の座は奪えない…アンチの存在がネックに

  3. 8
    旧統一教会と対峙する弁護士・ジャーナリストが受けた嫌がらせ…無言電話や尾行だけじゃない

    旧統一教会と対峙する弁護士・ジャーナリストが受けた嫌がらせ…無言電話や尾行だけじゃない

  4. 9
    猛暑もぶっ飛ぶ人気の「ホラー映画」ベスト3…堂々トップは邦画の金字塔だった!

    猛暑もぶっ飛ぶ人気の「ホラー映画」ベスト3…堂々トップは邦画の金字塔だった!

  5. 10
    旧統一教会は大打撃…「安倍元首相銃撃事件」以降に被害相談爆増し“正体隠し”通用せず

    旧統一教会は大打撃…「安倍元首相銃撃事件」以降に被害相談爆増し“正体隠し”通用せず