川淵三郎氏の“危うい過去” 五輪の理念に反する言動や行動

公開日: 更新日:

 世界中から批判を浴びる東京五輪組織委員会の森会長(83)が12日、ようやく辞任。後任に川淵三郎・日本サッカー協会相談役(84)が就任するともっぱらだ。橋本聖子五輪担当相は12日の閣議後の記者会見で、後任の会長について「全く決まっていない」と繰り返し、正式な手続きを経て、後任会長を選考するよう求めた。森氏の指名通りに川淵氏が組織委会長に就任すれば今後、国際オリンピック委員会(IOC)や国、東京都との調整役となるが、果たして大丈夫なのか。早速、人選に疑問符がついている。

 ◇  ◇  ◇

「国際サッカー連盟など、海外のスポーツ関係者に顔が利くので、妥当でしょう。ただ、不安はありますね」

 ある組織委関係者は日刊ゲンダイにこう明かした。「不安」とは、川淵氏の考え方が民族主義的な傾向にあることだという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    出川哲朗は枕営業騒動で一番深手…“救いの手”はあるのか

  5. 5

    マリエ枕営業騒動にみる「根に持つ女性」の賢いあしらい方

  6. 6

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  7. 7

    小室圭さんが母の元婚約者に“解決金” 支払いは誰が?

  8. 8

    小室圭さん400万円で破談寸前に 初動ミスを招いたプライド

  9. 9

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  10. 10

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

もっと見る