秦真司
著者のコラム一覧
秦真司野球解説者

1962年、徳島県生まれ。鳴門高を経て法大4年時に日本代表としてロサンゼルス五輪で金メダルを獲得。84年、ドラフト2位でヤクルト入団。90年に捕手から外野手に転向。92年の西武との日本シリーズ第6戦でサヨナラ本塁打を放つなど強打の野手として活躍した。現役通算16年間で打率.262、97本塁打、341打点。2001年にロッテの二軍打撃コーチ、05、06年に中日の捕手コーチ、08~11年はBCリーグ群馬の監督、12年から巨人の一、二、三軍バッテリーコーチを歴任。17年限りで退団も19年に巨人に復帰し、ファームバッテリー兼打撃コーチ。現在は野球解説者。

「野村ID野球」支えた選手以上に担当スコアラーが怒られた

公開日: 更新日:

■確立と根拠の上に成り立つ

 1989年にゴールデン・グラブ賞を受賞した栗山英樹さんは、野村監督が就任したことにより、代走や守備固め要員となり、90年限りで引退。新人の古田敦也もそうだが、時には人格を否定されたり、ボロクソ言われるクチだった。

 投手にはカウントによって「クセ」がある。それが明らかな場合、知っておけば大きなアドバンテージになる。把握した上で確率の高い球種に狙いを定められるからだ。

野球は、確率と根拠の上に成り立っている。この投手はカウント2ストライク1ボールからは100%カーブだから、カーブを待て。初球は~、フルカウントなら~」

 打者はカウントごとに確率が高い球種を頭に入れ、狙い打ちをする。そのため、ミーティングの材料になる詳細で膨大なデータが必要だった。当時は選手よりデータを収集するスコアラーの方が野村監督に怒られていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    総務省・東北新社問題 疑惑の本丸“癒着会議”の仰天議事録

  2. 2

    田口麗斗の電撃トレード惜しむ声…巨人ムードメーカー失う

  3. 3

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

  4. 4

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  5. 5

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  6. 6

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  7. 7

    93年日本S第7戦 古田の“ギャンブルスタート”はサイン無視

  8. 8

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  9. 9

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  10. 10

    藤井2冠が高校を自主退学…「中卒」だと人生詰みは本当か

もっと見る