マー君の幸運は野村克也氏と“お荷物球団”に巡り合えたこと

公開日: 更新日:

「プロの世界で生きていくための基礎をすべて教えていただきました。自分の中では特別です」

 ヤクルト、南海などで監督を務めた野村克也氏(享年84)の1周忌となった11日、楽天田中将大(33)が感慨深げにこう語った。

 2006年高校生ドラフトで、横浜オリックス日本ハムとの4球団競合の末、楽天入りした田中の入団時の監督が野村氏。田中はかねて、いつでも原点である外角低めに投げられることの大事さを教わり、練習を重ねたことが原点になったと言っている。

 打ちとった際に雄叫びを上げるなど、荒々しさが目立つものの、田中の武器は制球力の高さと頭脳的な投球だ。楽天OBが言う。

「アマ時代に捕手をやっていたこともあってか、入団1年目から、ノムさんによるミーティングに興味津々で、熱心にノートをとっていた。ノムさんが阪神監督時代に選手に配った『野村の考え』を人づてに入手したなんて話もあったほどです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    元宝塚男役トップ明日海りおは“ポスト天海祐希”の大本命

  3. 3

    渋沢栄一の不思議 なぜ“名を冠した企業”が1社しかないのか

  4. 4

    多部未華子の夢は「子育てに没頭」 ファンが案じる女優引退

  5. 5

    北川景子もハマっている「盛り塩」なぜ広まった?注意点も

  6. 6

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  7. 7

    渋野はコーチと決別し遼ら助言…丸腰参戦に「最悪」の指摘

  8. 8

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  9. 9

    東電22兆円巨額裁判の行方「株主代表訴訟」弁護団長に聞く

  10. 10

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

もっと見る