秦真司
著者のコラム一覧
秦真司野球解説者

1962年、徳島県生まれ。鳴門高を経て法大4年時に日本代表としてロサンゼルス五輪で金メダルを獲得。84年、ドラフト2位でヤクルト入団。90年に捕手から外野手に転向。92年の西武との日本シリーズ第6戦でサヨナラ本塁打を放つなど強打の野手として活躍した。現役通算16年間で打率.262、97本塁打、341打点。2001年にロッテの二軍打撃コーチ、05、06年に中日の捕手コーチ、08~11年はBCリーグ群馬の監督、12年から巨人の一、二、三軍バッテリーコーチを歴任。17年限りで退団も19年に巨人に復帰し、ファームバッテリー兼打撃コーチ。現在は野球解説者。

由伸監督失敗はコミュニケーションの欠如と周囲の準備不足

公開日: 更新日:

 高橋由伸は不完全燃焼だっただろう。原辰徳監督の後継者として、現役を引退。即監督に就任したのは2015年10月のことだ。

 この年、打率・278、5本塁打、21打点。代打に限定すれば、同・395と勝負強さを発揮していた。現役は続行できた。やりたくて監督を引き受けたのだろうか。

 選手として打撃、外野守備、走塁といった知識は誰もが認めるところだが、これが指導者だと話は別だ。監督としてチーム戦略、ゲーム戦術が必要。コーチ陣の配属を決めたり、随所で高いコミュニケーション能力が求められるが、由伸監督はこれに最も苦労していた。選手全員の能力を把握し、適材適所で起用するなんて、いきなりは酷だし、リスクも高い。課題の残る監督人事だったと感じてしまう。

 ちょうど巨人の選手が手を染めた野球賭博事件に火が付き、球団が逆風の最中にいた。監督に若くてクリーンなイメージの40歳・由伸を立てることで、悪いイメージを払拭したい球団の思惑に翻弄された格好だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    総務省・東北新社問題 疑惑の本丸“癒着会議”の仰天議事録

  2. 2

    田口麗斗の電撃トレード惜しむ声…巨人ムードメーカー失う

  3. 3

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

  4. 4

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  5. 5

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  6. 6

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  7. 7

    93年日本S第7戦 古田の“ギャンブルスタート”はサイン無視

  8. 8

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  9. 9

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  10. 10

    藤井2冠が高校を自主退学…「中卒」だと人生詰みは本当か

もっと見る