古田敦也氏14年ぶり現場復帰も ヤクルト監督再登板への壁

公開日: 更新日:

 雪解けが進んだとみる関係者は少なくない。

 5日、ヤクルト古田敦也臨時コーチ(55)が指導を開始。室内練習場で捕手を集め、実演を交えながらキャッチングの指導を行うなど、精力的に動いた。

 沖縄入りした4日には早速、選手ミーティングを行った。かつて野村監督の下、ヤクルト黄金時代を築いた「ID野球の申し子」には、バッテリー強化の期待がかかる。

 古田氏がヤクルトへ復帰するのは、2007年以来、実に14年ぶり。現役時代は華々しい成績を残し、06年から選手兼任監督を務めたが、3位、6位に終わり、わずか2年で監督を退任。編成面などでフロントとの対立もあり、追われるようにヤクルトを去った。

 親会社内、球団内ではその際に生じたアレルギーが根強かったものの、19年に行われたスワローズOB戦で久々にヤクルトのユニホーム姿を披露。現役時代にバッテリーを組んだ高津監督の希望もあり、“現場復帰”と相成った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  2. 2

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  3. 3

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  4. 4

    菅首相長男らの違法接待で深まる謎…東北新社の正体とは?

  5. 5

    “鉄壁ガースー”どこが?東北新社「わからない」のテキトー

  6. 6

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  7. 7

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  8. 8

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  9. 9

    デマ垂れ流し集団「大阪維新の会」の“ファクトチェック”

  10. 10

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

もっと見る