新時津風親方も東農大…「学閥人事」災い転じて福となすか

公開日: 更新日:

 雨降って地固まる、となればいいが。

 度重なる不祥事で前時津風親方(元前頭時津海)が退職した時津風部屋。22日の臨時理事会で間垣親方(35=元前頭土佐豊)が「時津風」の名跡を継ぎ、今後は師匠として部屋の運営に当たることが決まった。

 土佐豊は東農大相撲部で活躍し、初土俵は2007年3月場所。順調に出世を続け、いずれは三役が期待されていた。しかし、前頭筆頭だった11年7月場所、琴欧洲との対戦で左ヒザの靱帯を損傷するなど全治3カ月の大ケガ。その後は三段目まで転落し、15年1月場所で幕内に返り咲いたものの、ケガに悩まされ続けた。

「引退後にタレントマジシャンの小泉エリさんと結婚して周囲を驚かせたが、本人はいたってマジメで指導にも熱心。自分の筋トレと遊び歩きに精を出していた先代とは違い、チャラついたところは一切ない。大学時代の実績もあるので、アマチュア相撲界にも顔が利く。むしろ、『あの人の部屋なら』と、入門希望者が増える可能性もある」(タニマチ筋)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  4. 4

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  5. 5

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  6. 6

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  9. 9

    都が見回り隊員に大盤振る舞い 日給1万2200円+αは妥当?

  10. 10

    特捜9vs捜査一課長 “お決まり”でも高視聴率の2作品を解剖

もっと見る