レスリング協会副会長が降格…団体を牛耳る役員“不正の根”

公開日: 更新日:

 日本レスリング協会のナンバー2に降格処分が下った。

 27日の緊急理事会で、代表コーチから集めた寄付金を遠征時の会食費に充てていたとして、高田裕司副会長兼専務理事(66)が解任、理事に降格された。

 高田氏は強化本部長を務めていた2012年ごろまでの3年間で16人のコーチから約1400万円を集め、関係者への記念品の購入や慰労会などに使用。協会への収支報告を怠っていたため、不適切な流用が問題視されていた。協会が首謀者である高田氏を理事職として残したのは「総合的な判断から」だという。

 競技団体によるカネに絡んだ不祥事は後を絶たない。過去には全日本柔道連盟(全柔連)が、日本スポーツ振興センター(JSC)からの指導者向け助成金を組織ぐるみで不正に受給。本来、受給資格のない27人が総額3620万円を受け取っていた。パワハラ指導の責任も取り、全柔連の上村春樹会長が辞任した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田口麗斗の電撃トレード惜しむ声…巨人ムードメーカー失う

  2. 2

    総務省・東北新社問題 疑惑の本丸“癒着会議”の仰天議事録

  3. 3

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

  4. 4

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  5. 5

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  6. 6

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  7. 7

    93年日本S第7戦 古田の“ギャンブルスタート”はサイン無視

  8. 8

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  9. 9

    藤井2冠が高校を自主退学…「中卒」だと人生詰みは本当か

  10. 10

    ワクチン高齢者向け「6月末まで」は眉唾 河野発言根拠なし

もっと見る