大谷OP戦初登板で161キロ 昨季地区王者を今季カモれる気配

公開日: 更新日:

 エンゼルス・大谷翔平(26)が5日(日本時間6日)、アスレチックスとのオープン戦に初登板。1回3分の2を3安打1失点だった。

 昨年8月2日のアストロズ戦以来、215日ぶりの実戦マウンドに上がった大谷。初回を無失点で切り抜けると二回、先頭の6番ラウレアーノに左翼線への二塁打でピンチを招く。1死後、ケンプに右中間への適時二塁打を許したが、後続を空振り三振。2死としたところで予定の40球(41球)を超えたため、降板した。2四球と制球に課題を残しながらも、直球の最速は100マイル(約161キロ)を記録し、5個のアウトは全て三振で取った。

 降板後、オンライン会見に応じた大谷は「最初だったので、特にカウントを取る球は軽くいこうと思っていたけど、決めにいく時に力んでいた」と、まずは反省点を口にした。それでもパフォーマンスそのものには納得しているようで「走者を背負った投球など、実戦しかできないことをできて良かった。(三振を奪った)スプリットの変化が良かったのが一番の収穫です。球速は必然的に上がってくると思う」と、話した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  4. 4

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  5. 5

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  6. 6

    松山マスターズVの裏側 コーチとギア担当者が新加入し支援

  7. 7

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  8. 8

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  9. 9

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

  10. 10

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

もっと見る