絶好調の大谷翔平 二刀流「開幕から完全復活」に落とし穴

公開日: 更新日:

 今季、二刀流の完全復活を目指す大谷翔平(26=エンゼルス)の評判が上々だ。

 日本時間4日、レンジャーズとのオープン戦では中堅バックスクリーンを越える142メートルの特大本塁打を放ち、米メディアを仰天させた。

 打席同様、マウンドでも順調な仕上がりを見せており、2月27日のフリー打撃では球速が100マイル(約161キロ)をマーク。「体の使い方は昨年、私が見た時よりもはるかにいい」とマドン監督をニンマリさせている。

■右肘手術から2年半

 指揮官が絶賛したように、体調がいいのは間違いない。右肘の靱帯を修復するトミー・ジョン(TJ)手術から間もなく2年半が経つ。昨季は二刀流復帰を期待されながら、わずか2試合に登板しただけで右肘周辺の筋肉を痛めた。「(マイナーの)実戦で段階を踏んで投げていなかったし、気持ちよく腕が振れなかった」と、本人は復帰が時期尚早だったことを明かしている。どうやらメスを入れた患部が体になじまないまま実戦マウンドに上がっていたようだが、そんな状態は解消された。2019年9月に手術した左膝も問題ない。要するに速い球を投げ、打球を遠くに飛ばせる状態にあるのは間違いない。

球速以上に制球力の向上が急務

 しかし、不安がないわけではない。Jスポーツのメジャーリーグ中継で解説を務める評論家の三井浩二氏がこう言う。

「メジャーには、速球に強い打者がゴマンといるだけに、真っすぐが走っているだけでは抑えられません。渡米1年目の直球の被打率(.382)が高かったことからもそれは明らかです。大谷は高めの直球と追い込んでからのスプリットで勝負するタイプです。有利なカウントに持ち込むためにも、まずは外角低めへの制球力を向上させなければ、苦しいマウンドを強いられると思う。キャンプではチェンジアップを磨いていますが、日本ハム時代は決して精度が高いとは言えなかった。チェンジアップは肘への負担が少ないだけに、マスターすれば少ない球数で長いイニングを投げることが可能です。投球の幅を広げるためにも、開幕までにしっかりと身に付けられるかどうかが課題でしょう」

 大谷はオフの間、トレーニングを欠かさず、ベスト体重の95キロでキャンプイン。三井氏によれば、太くなった二の腕、上半身は「まるで打者のよう」だという。

 右肘や左膝も含めて万全になった体をさらに鍛えた成果がこの時期の161キロという数字につながったのだろうが、三井氏も言うように大谷にとって何よりも重要なのは球速以上に変化球を含めた制球を磨くこと。本人の意識が変わらない限り、マウンドでは期待を裏切りかねない。

■打ち取られるパターン

 打撃も懸念はある。この日、特大の一発を放った相手は招待選手のクルーズ。メジャー実績のない22歳の右腕がカウント3―2から2者連続四球を嫌ってストライクを取りにいった真ん中高めのストレートを放り込んだもの。2日のホワイトソックス戦の2安打にしても二線級からのものだ。

「大谷は、投手との勝負は打席に入る前に決まると話しています。打てそうな感覚で打席に入れるかが重要だと。そういった意味で、本人がボールの見え方がよいと言っているのはプラス材料ですが……」と、現地特派員のひとりはこう続ける。

「足を上げたり上げなかったり……フォームがまだ、しっかりと固まっていないのです。昨年は外角低め、ボールになるツーシームを振らされて空振りかボテボテの内野ゴロに打ち取られるパターンがほとんどだった。相手チームにかなり攻め方を研究されていた。本人は自分なりに考え、打撃コーチと特打を重ねましたけど、有効な打開策は見つからなかった。開幕後の真剣勝負で、同じ攻め方を克服できる保証はどこにもないのです」

 昨季は打率.190で、得点圏打率はさらにヒドい.143(42打数6安打)。「今季の打順が昨年の3、4、5番から2番に繰り上がるのは、出塁率の高い1番フレッチャーと、3、4番のトラウト、レンドンの間に置くことで、大谷の勝負弱さを改善したいという首脳陣の思惑もあると思います」とはスポーツライターの友成那智氏。だとすれば首脳陣は現時点で大谷の打撃を信用していないということになる。

 大谷の状態がいいからといって、開幕後も二刀流でブレークするとみるのは早計だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  4. 4

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  5. 5

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  6. 6

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  7. 7

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  8. 8

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  9. 9

    都が見回り隊員に大盤振る舞い 日給1万2200円+αは妥当?

  10. 10

    特捜9vs捜査一課長 “お決まり”でも高視聴率の2作品を解剖

もっと見る